お祝いでもらったビール券を引き出しにしまったまま忘れてはいませんでしょうか?

家庭で使われていないビール券はなんと数百億円あるといわれています。

これは一世帯辺り平均10数枚ある計算なので、昔贈り物でもらったけど使った記憶がなかったら是非引き出しの奥を調べてみて下さい。

ビール券を店舗で換金する方法を紹介

ビール券は沢山もらって使い切れなかったり、ビールを飲まないので余り消費する機会がない方も多いと思います。

そんな余ったビール券を店舗で換金する方法を紹介したいと思います。

1,金券ショップにもっていき換金してもらう方法。

換金する時に必要なもの

大体の金券ショップでは1万円以下の金額の換金の場合は、買取表に

  • 名前だけ記入
  • 名前と電話番号を記入
  • 名前と住所を記入

する場合があります。

1万円以上の換金の場合は、古物営業法という盗品の売買の防止や盗品が売買された場合に速やかな発見などの為の法律により、身分証明書が必要になる場合があります。

  • 住民票の写し(コピー不可・発行日から3ヶ月以内)
  • 印鑑登録証明書及び登録した印鑑を押印した書面(コピー不可・発行日から3ヶ月以内)
  • 運転免許証の両面コピー
  • 健康保険証のコピー(裏面に住所記載がある場合は両面)
  • 日本国発行のパスポートのコピー(写真・氏名・住所表記のあるページ)

※金券ショップにより対応が違いますので店員に確認するのが確実です。

また免許証のように固有番号を記載されていない身分証明ではコピーを取られる場合があります。

印鑑が必要な所は余り聞かないです。